東京航空計器株式会社
ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ ホーム 会社案内 事業案内 製品案内 採用情報 お問い合わせ 英語版

会社沿革

平成29年
(2017)

グループ会社、株式会社TKKワークスを設立。

平成26年
(2014)

株式会社KODENホールディングスの傘下に入る。
車両速度計測装置(車載型、可搬型)製造開始。
超小型モーションセンサーユニットの自動同時多数補正データ取得による生産性向上にて「日本航空技術協会奨励賞」を受賞。

平成25年
(2013)

運動・位置計測装置(モ−ションセンサユニット)製造開始。

平成23年
(2011)

T-5初等練習機用電子表示システム開発にて「防衛調達基盤整備協会賞」を受賞。
(空)UH-60(近代化)装備品開発開始。
グループ会社である、株式会社トーコーエンジニヤリングを吸収合併。

平成22年
(2010)

東京都町田市に本社工場を移転。
10式戦車装備品製造開始。
デジタル圧力計DG-950N製造開始。
新型電子撮像式速度計測装置製造開始。

平成21年
(2009)

デジタル圧力計DG-980製造開始。

平成20年
(2008)

P-1哨戒機用装備品製造開始。

平成19年
(2007)

中距離多目的誘導弾(実用弾)用慣性センサ開発開始。
半導体ウェーハ外観検査装置6313販売開始。
グループ会社である、株式会社上田トーコーを吸収合併。

平成18年
(2006)

光ファイバージャイロ他、慣性機器の量産着手。

平成17年
(2005)

計量法の計量標準供給制度に基づく、校正業務の認定(ISO 17025)を取得。
C-1後継機及びP-3C後継機の各種装備品の試作開始。

平成16年
(2004)

車輌用操縦桿表示器開発開始。
航空宇宙事業部、JISQ9100認証取得。

平成15年
(2003)

C-130H機用コックピット・ヴォイス&フライトデータ・レコーダ(CVFDR)開発開始。
超精密大型光学レンズ用輸送コンテナ販売開始。
F-4機用コックピット・ヴォイス・レコーダ(CVR)の開発開始。

平成13年
(2001)

UH-1J/OH-6、C-1機用コックピット・ヴォイス・レコーダ(CVR)開発開始。

平成12年
(2000)

航空宇宙事業部、JISQ9001(ISO9001)認証取得。
SH-60J改、US-1A改用自動操縦装置等装備品製造開始。
車種判別装置付自動速度違反取締装置製造開始。

平成11年
(1999)

半導体ウエハ重ね合わせ装置製造開始。

平成8年
(1996)

F-2戦闘機用装備品製造開始。
OH-1観測ヘリコプタ用フライト・コントロール・コンピュータ(FLCC)、エア・データ・コンピュータ(ADC)等装備品製造開始。
UH-60JA電子式液晶表示装置(EFIS)製造開始。

平成6年
(1994)

電子撮像式速度計測装置製造開始。

昭和62年
(1987)

P-3C哨戒機用デジタル・フライト・コントロールシステム(DFCS)開発。
SH-60J哨戒ヘリコプタ用電子式水平位置指示装置(EHSI)等装備品製造開始。

昭和61年
(1986)

T-4型中型練習機用機上酸素発生装置(OBOGS)等装備品 及びCH-47J輸送ヘリコプタ用装備品製造開始。

昭和58年
(1983)

狛江本社工場竣工。 AH-1S型対戦車ヘリコプタ用装備品製造開始。

昭和57年
(1982)

半導体製造、検査装置及び画像処理装置の製造開始。

昭和55年
(1980)

羽田メンテナンスセンタービル竣工。 ボーイング757型機用高度計製造開始。

昭和53年
(1978)

F-15J戦闘機、P-3C哨戒機用装備品製造開始。

昭和32年
(1957)

各種圧力計等計測機器製造開始。

昭和27年
(1952)

占領軍による航空関係の製造停止解除、直ちにその製造修理を再開。
模写電送装置(ファクシミリ)の製造開始。及びトーシャファックス(謄写原紙製版機)の開発。

昭和20年
(1945)

川崎の本社工場が占領軍に接収され、航空関係の製造を停止。 狛江工場にて各種民需品の製造を開始。

昭和16年
(1941)

狛江工場が陸海軍共同管理工場に指定され、 従業員16,000名の国内最大の航空機用航法計器メーカーとなる。

昭和12年
(1937)

株式会社東京計器製作所の航空計器関係を分離。 川崎市木月に東京航空計器株式会社を設立。
資本金300万円、従業員400名。定針儀、水平儀、旋回計、昇降計、磁気コンパス、自動操縦装置等の製造開始。


このページの先頭へ

ページの先頭へ