1. HOME
  2. 東京航空計器の強み

東京航空計器の強み

国内外の航空産業を支えてきた
歴史と実績

国内外の航空産業を支えてきた 歴史と実績
東京航空計器は1937年(昭和12年)、時局がら国力増強が叫ばれるなか、旧日本軍の中でも特に航空機を重要視していた山本五十六・海軍航空本部技術部長(後に元帥)に乞われ、前身である東京計器製作所の航空計器部門を分離独立して設立された会社です。創業者の和田嘉衡は、日本国内で初めて圧力計を独自開発するなど、それまで輸入に頼っていた計器類の国産化に尽力した人物でした。

創業者の志を引継ぎ、私たちは今日まで80年以上にわたって厳しい耐環境性・信頼性を求められる航空機装備品を生み出し、空の安全の一端を担ってきました。戦時中は国内最大メーカーとして陸海軍に計器やオートパイロット等を供給。終戦直後の航空産業が禁止された数年間を映写機など全く畑違いの民生品を製造して乗り切るも、1952年に禁止が解除されるやすぐに航空機装備品の製造・修理を再開しました。現在では防衛省機のほぼすべてにおいて何らかの当社製品が搭載されるなど、今日に至るまで日本の航空産業を支え続けています。

一方で1967年には、世界市場参入の拠点として米国に子会社United Instrumentsを設立。さらに80年代には米国ボーイング社と直接取引を開始しました。東京航空計器の製品は、その高い品質によって国際的にユーザーの信頼を得、世界の空を飛んでいます。

幅広い分野で応用される技術力

幅広い分野で応用される技術力
本ウェブサイトの「製品・サービス」から「航空宇宙機器」をご覧になっていただくとお分かりのとおり、東京航空計器は計器に限らずセンサや処理器、酸素マスクまで、実に様々な装備品を作っています。

航空分野で培った技術は産業界でも応用されており、自動車やインフラ、鉄道、船舶、半導体、医療、研究機関など、幅広い分野で当社の計測機器が活用されています。とりわけ、圧力、流量、運動などの工業計測器は、信頼性と精度において高い評価を得ており、高度化するマーケットニーズに最新の技術でお応えしています。

また、堅牢で長持ちする製品を提供できるのも東京航空計器の特長です。特にアナログ計測器は、故障や狂いも少なく10年以上使用され続けている製品も多いことから、ランニングコストを抑えられるとお客様から高く評価されています。

こうした多種多様な製品づくりを支えているのが、設計から材料調達、受入検査、加工、組み立て、環境試験などの検査に至るまで、一貫して自社で対応できる私たちのモノづくり体制です。

お客様と一体となった製品開発

お客様と一体となった製品開発
既製品にとらわれず、お客様のニーズにあわせて製品を開発できるのも私たちの強みです。重ね合わせ測定装置、ウェーハ移載機、レチクル移載装置といった半導体業界に提供している製品の多くは、「こういう製品がほしい」というお客様のご要望から開発されたもの。航空機装備品や計測機器などで培ったメカニックな精密技術をもとに、お客様の課題解決やご要望にマッチした製品開発も可能です。

重ね合わせ測定で活用される測定装置は国内メーカーが少なく、高価な海外製品を使用されている半導体工場も多く見られますが、東京航空計器なら、お客様の生産ラインに必要な機能のみに絞って実装することにより、イニシャルコストを抑えた製品を提供できます。MACシリーズは日本国内で累計200台以上出荷するなど実績も豊富で、工場ラインにあわせての設計やカスタマイズにも対応可能です。

万一のトラブル時には迅速に駆けつけ対応いたしますので、トラブルによる影響を最小限に抑えられることも、当社をご利用になるメリットの一つです。

徹底した安全品質

当社は、経営者から作業者まで全社一丸となり、製品の安全と品質の確保を使命として品質の維持向上に取り組み、お客様から信頼される安全と安心の提供に努めています。
長年にわたり、航空法及び航空機製造事業法による品質基準・技術基準に適合する事業者として認定・許可等を取得し、お客様に満足いただける製品とサービスを提供しています。
【品質マネジメントシステム】
・JIS Q 9001(ISO 9001)
・JIS Q 9100
 【事業認定】
・国土交通省航空局認定事業場
・経済産業省航空機製造事業法に基づく事業(許可及び届出)
 


豊富な知識を活かした
校正・メンテナンスサービス

豊富な知識を活かした校正・メンテナンスサービス
どんな機器でも、経年劣化による故障やトラブルはつきものです。計測機器や測定装置については、日常の点検に加えて定期的な保守点検や校正が必要になります。
TKKは、国際MRA (Mutual Recognition Arrangement) 対応のJCSS認定事業者であり、国際規格ISO/IEC17025の要求事項を満たす校正機関として、圧力校正サービスを提供しています。もちろん、TKK製品だけでなく、他社製圧力計の校正も対応可能です。

また、TKKでは高精度な製品の提供や校正サービスに加え、これまでに得た豊富な知識と経験をもとに、お客様が知りたい情報を発信していく役割があると考えています。圧力計や流量計測機などが示す数値の意味を伝えるところから、得られた圧力の効率的な活用法の提案・コンサルティングも含めて、これからもお客様の幅広いニーズにお応えしてまいります。

お問い合わせ

Contact