東京航空計器株式会社
ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ ホーム 会社案内 事業案内 製品案内 採用情報 お問い合わせ 英語版

訓練所概要

 地上訓練所は、1966年 羽田空港内に開設して以来、多くの方々にご利用いただき、信用と信頼を得ております。


ページ内リンクをスキップ


使用機材及び訓練料金

 訓練される方々のご希望に沿ったシラバス(資格取得、限定変更、技量保持等)をご用意し、フライト経験豊富な教官が訓練をご支援します。


使用機材 訓練料金(※)
陸上多発タービン(回転翼)
EC135T2模擬 Frasca式135型
1時間 35,000円

保有機材 訓練料金(※)
陸上単発タービン(回転翼)
B206相当 Frasca式342型
応談
陸上双発ピストン(飛行機)
B58相当 Frasca式242型

1時間未満の訓練のご要望にも応じます。
別途、消費税が加算されます。
2015年4月から料金改定しました。

このページの先頭へ

営業時間

土、日曜日、祝祭日を除く9時00分 〜 17時30分
(ただし、ご希望があれば、土、日曜日、祝祭日の訓練についてご相談に応じます。)


このページの先頭へ

営業内容


1  計器飛行証明保有者の技量保持訓練

2  計器飛行証明取得前訓練

計器飛行証明学科試験合格者に対する実機への移行前の訓練です。(計器飛行時間の充足)
座学28時間とFTDによる飛行訓練20時間の標準コースです。(約2週間)
ただし、経験、希望等により時間は変更できます。
詳しくは、地上訓練所までお問い合わせください。


3  特定操縦技能審査
技能証明の種類等 審査料金(※)
飛行機(陸上多発) 25,000円
ヘリコプター(陸上単発タービン) 30,000円
ヘリコプター(陸上多発タービン) 45,000円

詳しくは、地上訓練所までお問い合わせください。


別途、消費税が加算されます。
2017年4月から料金改定しました。

4  ヘリコプター業務に対応した訓練(Frasca式135型)

(1)屋上ヘリポート、不整地等での離着陸

(2)EC135T2に関する非常操作訓練


5  海上保安庁、新聞社等の受験対策訓練(Frasca式342型、Frasca式242型)

Frasca式342型は、海上保安学校宮城分校(回転翼基礎課程)に設置されている飛行訓練装置とほぼ同様の機材です。


このページの先頭へ

所在地(地図)

外観写真

東京都大田区羽田空港1-8-2
東京航空計器株式会社 羽田メンテナンスセンター 5F
TEL 03-5708-3021/FAX 03-5708-3022


電車

  • JR浜松町駅(乗換)
    東京モノレール整備場駅下車 徒歩1分
  • 京浜急行空港線天空橋駅 徒歩約10分

  • 東京より:首都高速1号羽田線
    空港西出口
  • 横浜より:首都高速1号横羽線
    羽田出口

当社ビル屋上に駐車場がありますので、車での来社を希望される方は事前にご連絡ください。


新規ウィンドウを開く 周辺拡大図


このページの先頭へ

ページの先頭へ