東京航空計器株式会社
ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ ホーム 会社案内 事業案内 製品案内 採用情報 お問い合わせ 英語版

圧力校正サービス

当社校正室は、計量法校正事業者登録制度JCSS(Japan Calibration Service System)により、計量法関連法規及び国際規格ISO/IEC17025に適合した国際MRA(Mutual Recognition Arrangement)対応JCSS認定事業者として、独立行政法人製品評価技術基盤機構から公的に認められ、圧力校正サービスを行っています。


ページ内リンクをスキップ
JCSSロゴマーク

JCSSのロゴマークは、計量法に基づく校正事業者登録制度の標章で、弊社校正室は圧力区分の登録事業者です。JCSS 0169は、当校正室の認定番号で、国際MRA対応JCSS認定事業者です。


  • 計量法に基づく校正事業者(登録制度)
    • 計量標準供給制度
    • 国際MRA対応JCSS認定事業者
    • JIS Q 17025 (ISO/IEC 17025)

校正対象機器

写真

重錘形圧力天びん
写真

デジタル圧力計
写真

機械式圧力計

このページの先頭へ

圧力校正の範囲

圧力の種類 校正の範囲
JCSS校正 一般校正
重錘形圧力天びん
デジタル圧力計
機械式圧力計:( )の範囲
デジタル圧力計
機械式圧力計
圧力センサ
気体 ゲージ圧力 4.9 kPa 〜 6900 kPa
(6900 kPa)
0 kPa 〜 6900 kPa
絶対圧力 4.9 kPa 〜 7000 kPa
(106 kPa)
0 kPa 〜 7000 kPa
負のゲージ圧力 -95 kPa 〜 -2.0 kPa -95 kPa 〜 0 kPa
差圧 10.0 Pa 〜 10.0 kPa 10.0 Pa 〜 10.0 kPa
負の差圧 -100 kPa 〜 -2.0 kPa -100 kPa 〜 0 kPa
液体 ゲージ圧力 2.0 MPa 〜 70 MPa
(50 MPa)
0 MPa 〜 70 MPa

JCSS校正範囲の詳細はこちらからご確認ください。
JCSS圧力範囲表(PDF形式、pressure_range.pdf、190kB)


このページの先頭へ

校正作業の種類

ご希望に応じた作業項目を実施いたします。


  1. 校正(初検)
  2. 調整・校正
  3. 初検・調整・校正
  4. 修理・調整・校正

イメージ:校正作業の種類

このページの先頭へ

JCSS校正

当社では、国家計量標準にトレーサブルであることを証明するロゴマーク(JCSS)付の校正証明書を発行することができます。


当社は国家標準と産業標準を結ぶ標準供給機関として圧力の校正を行っており、ISO/IEC17025の要求事項を満たした校正機関です。


JCSS校正証明書
JCSS校正証明書
表紙
校正結果
2頁目

校正対象:重錘形圧力天びん、デジタル圧力計、機械式圧力計


このページの先頭へ

一般校正

当社では、JCSS校正以外に一般校正も行っております。


各種圧力標準器、管理用圧力計等の校正を製造者、又はお客様要求仕様に準じてお引き受けいたします。


一般校正・校正証明書
JCSS校正証明書
検査成績書
校正結果

校正対象:デジタル圧力計、機械式圧力計、圧力センサ


このページの先頭へ

JCSS登録証・MRA認定書

JCSS※1標章やJCSS認定シンボル付き校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、校正事業者の技術能力のあることの証となるものです。
登録された校正事業者は、登録された校正方法の範囲内において、標章付きの校正証明書の発行をすることができます。
また、国際MRA※2対応認定事業者は、認定国際基準に対応していることが主張できるとともに、発行する校正証明書に国際MRA対応認定事業者のみに許されている認定シンボルを付けることができ、この認定シンボル付き校正証明書は海外でも広く受け入れられることになります。


JCSS登録証 JCSS認定証

2005年12月 ISO/IEC17025:1999の認定を「圧力」の校正機関として取得
2006年8月 ISO/IEC17025:2005年版適合
2009年1月 校正範囲を拡大して認定を再取得
2011年5月 2010年9月会社移転に伴い、新規に登録・申請
2013年9月 校正範囲を拡大して認定を再取得

※1: 計量法校正事業者登録制度JCSSは、計量法関連法規及びISO/IEC 17025の要求事項に基づいて校正を実施する技術能力を校正事業者が持っていることを、製品評価技術基盤機構理事長名で登録されるプログラムです。
※2: 国際MRA対応のJCSSは、これらの基準をもとに運営している実績を国際的に認められ、1999年12月にアジア太平洋試験所認定協力機構APLACの相互承認協定、2000年11月に国際試験所認定協力機構ILACの相互承認協定へ参加の署名を行っています。これにより、一度の校正で世界中どこでも受入れられる状況(One-Stop-Testing)の達成に、更に一歩近づいたものとなりました。

このページの先頭へ

品質保証体制、トレーサビリティ体系

ISO/IEC17025における品質マネジメントシステムの規格では、校正による計測器の監視・維持管理が求められており、また共通基準の国家計測標準とのトレーサビリティも必要とされています。当社の計量標準は、下図に示すように、国家標準である国立研究開発法人産業技術総合研究所からの供給により、常に国家標準とのつながりを維持し、お客様からの校正依頼にお応えしています。


イメージ:品質保証体制・トレーサビリティ体系

このページの先頭へ

校正のご依頼

お問い合わせ お問い合わせ先
お見積・校正のご依頼 校正依頼書(Microsoft office Excel) 校正依頼書(PDF) 校正依頼書見本(PDF) お問い合わせ先
ご依頼品の送付
校正作業
ご返却


校正依頼及びお問い合わせ受付の時間は下記の通りです。


受付時間 9:00〜12:00 13:00〜17:00まで


但し、土曜日・日曜日・祝日・当社が定める休日は除きます。


高度な技術・信頼性が求められる航空機の世界で長年培った計測技術により、最良の校正サービスをご提供できるように努めております。

当社校正サービスのご利用をご検討ください。


このページの先頭へ

ページの先頭へ